三好クリニック 青山・表参道

内科・循環器・高血圧・不整脈

高コレステロール血症


2007年4月から、日本動脈硬化学会は動脈硬化のリスク管理として、従来の総コレステロールによる値をやめ、悪玉コレステロール(LDL-コレステロール)の値を用いることにしています。 そのため最近では、LDL値を採血で直接測定することが多いです。 LDL値は以下の式で計算されます
  • 悪玉(LDL)コレステロール = 総コレステロール(TC) - 善玉(HDL)コレステロール - 0.2x中性脂肪

高コレステロール血症は何が悪いのか?


悪玉コレステロールであるLDLが多いと、動脈硬化が早く進行し、脳梗塞や心筋梗塞等の致命的な合併症を引き起こすことが知られています。

悪玉コレステロールの治療目標


悪玉コレステロールの管理目標は160mg/dl以下である。加齢(男性>45歳、女性>55歳)、高血圧、糖尿病、喫煙、冠動脈疾患の家族、低HDL(善玉)血症、等が有るとその数にあわせて管理を厳重にする必要がある(140や、120mg/dl以下)。 また一度でも冠動脈疾患の既往のある方は再発予防のために100mg/dlに管理した方が、再発が少なくなる。
またその他に、善玉コレステロール(HDL) 40mg/dl以上に、中性脂肪を150以下に押さえる努力が必要である。 特に善玉コレステロールは飲酒や運動不足で増加するので、生活習慣の指導も大切である。
施設によると、悪玉コレステロール値を善玉コレステロール値の2倍以下に押さえておいた方が良いとも言われている。

コレステロールの治療


動物性脂肪食を控える。 禁煙、減量や運動、禁酒等で改善することも有り、それらの生活指導が重要である。 血液中のコレステロールは大まかに、食事から吸収されるものが半分、そして体内で作られるものが半分程度と言われている。 そのため、食事制限や生活習慣の調整だけではどうしても適切にコントロールできない場合がある。 その場合内服薬の治療を行う。 コレステロールを下げる薬剤は、何系統かあるが、それらを組み合わせて治療を行う。 

スタチン系コレステロール治療薬


特にスタチン系と言われる肝臓でのコレステロール自己生産を押さえる薬剤の効果は確実で、それが治療の主体となる。 この薬剤はコレステロールを下げる以外にも、全身の非特異的な炎症反応を押さえる作用も知られていて、コレステロール低下以外の人体に取ってよい作用を期待して処方している場合もある。 この薬剤は、頻度は少ないが、高用量使用すると筋炎や肝炎をおこすことが知られていて、定期的に採血を行って副作用のチェックを行う必要がある。 特に夏場に脱水等が有るとこのような副作用が出やすいと言われている。 副作用が心配で自己中断する方もおられますが、人の寿命をのばすことが出来る薬でもありますので、軽症であれば採血をして、普通の筋肉痛か薬剤の副作用かをチェックされてから、中止の判断を医者と一緒に相談することをお勧めします。