三好クリニック 青山・表参道

内科・循環器・高血圧・不整脈

植込みデバイス関連冬季大会に出席してきました。

昨日パシフィコ横浜での第10回植込みデバイス関連冬季大会に出席してきました。 
大学をやめてから7年経って、もうだいぶ医療の現場も変わってきているようです。 私もおそらく後5年もしたら、不整脈専門医とは言えなくなっているでしょうね。  元々今年が不整脈専門医の更新年で、実は学会参加単位が少し足りなかったので、仕方なく参加できる学会を探して、参加してきたのですが、この研究会は少し聞きたいお話があったのでちょうど良かったです。
今回参加してきたのは、リードレスペースメーカー、つまり電池や本体がすべて一体化したものを心臓の中に埋め込むというタイプのペースメーカーについてでした。 去年の9月から保険償還され、普通に保険診療で植込みができるようになってきたわけですが、どういった器具で、どういったメリットデメリットがあるのか、患者さんに大学病院受診を勧める際の予備知識を持っていないとまずいので、情報収集してきました。 徐脈型の心房細動患者さんなんかにはとても良い適応だなと思いました。
心臓内に埋め込んでしまえるぐらいの大きさの本体で10年間ペースメーカーが稼働できるというのは、驚きですね。 考えてみたら、ペースメーカーの小型化に最も貢献したのはおそらく携帯電話なんでしょうね。 たしかに、ペースメーカーは一部の患者さんにとっては重要な機器ですが、携帯電話を使っている人数は莫大で、とても大きな開発のための実験場になったのでしょうね。 リチウム電池、レアメタル、そういったことを多くの人が切磋琢磨して頭を悩ませた事で、この20年ぐらいの充電池の性能は格段に向上したと思います。 なかなか小型化、長寿命化の進まなかった、ペースメーカーがあれほど急速に小さくなって来たのも、そういった電池研究の裾が広がり、人々の理解が深まったこともあるのではないかなと思います(ペースメーカーに入っている電池はリチウム充電池ではないですが)。
おそらく将来、ロボットや、アシストスーツや、義手、義足、人工心臓などの技術が実用化するためには、まだまだ充電技術の進歩が必要なのだと思いますね。 小型化や、放熱技術、非接触型充電技術等など・・。 でももうそうなってしまうと、医者というよりは、 工学博士ですね。 でもとても大事な分野なんでしょうね。

臨床不整脈研究会に参加してきました

新年明けましておめでとうございます。

年末から急に寒くなってきて、最近はインフルエンザ結構はやってますね。 例年2月頃から始まるインフルエンザB型の流行が今年は少し早い気がします。 花粉の飛散も少し早く(そろそろ飛んでますね)、季節の変化が1ヶ月ほど前倒しなのかな・・。 

実は私、不整脈専門医という資格を持っています。 この専門医認定制度が出来たはじめの年に受験して資格を取ったのですが、今新規に取れといわれてもちょっと忙しすぎて無理かなと思います。
この認定医ですが5年に一度更新してゆきます。 今年がその更新年の年になります。 その更新のためには実はいくつかの学会に参加したり、講習会を受けなくてはならない決まりになっていて。 去年までの単位だと少し足りなくて・・・。 そのため今年の1月13日に 品川で臨床不整脈研究会という研究会に参加してきました。 この参加で単位が満たされました。 でも専門医を名乗るには大学病院を離れすぎているので、次回の更新はやめておこうと思ってます。
学会ですので、もちろん学術関係の最新の発表会があるのですが、私が大学を離れてから7年も経っているので、ちょうどその頃、海外で使われていて、日本ではまだ使われていなかったようなカテーテルやコンピューターガイド型のナビゲーションシステムの話が出てきていて。 「あれ使えるようになったんだ!」みたいな感動とともに、ちょっと技術が進んでいる感じを受けました。 
そういえば、20世紀までは、3Dガイドの心臓内マッピングナビゲーションシステムは、特殊なシリコングラフィックスの特殊なグラフィックボードを搭載した、そのためだけに開発されたようなハイエンドマシーンを使っていましたが。 今では、普通のコンピューターで出来る様になっていて、そういった意味でもこの20年ほどのコンピューターの進歩はめざましいものがありますね。
今町中を歩いていても、皆さん、スマホ見ながら歩いてますし・・。 20年前には皆さん、ガラケーでしたからね・・。 これからあと20年たったらどんなことになっているんでしょうかね・・・。 医療の世界だと、おそらく患者さんは自分のカルテを自分で持ち歩く時代になるんじゃないかなと思うのですが・・・。

それでは今年もよろしくお願いします。

師走2017年

omotesando_aoyama_cross
もうあと今年も残すところ数日ですね。 三好クリニックは、昨日から冬期休暇に入りました。 年末は患者さんの来院も多く、最後の3日間は待合質に珍しく空き席が無い状態になってましたね。 今年は年末インフルエンザワクチンの品薄状態がとても印象に残っています。 本当にご迷惑をおかけしました。 明日打つ予約の患者さんのワクチンが無いなんて事もあって、患者さん一人一人に電話してお断りしなくてはならないなー、思いながら・・・。 結局なんとか穴を開けずに、それでも受付で多くの患者さんの予約をお断りしなくてはならなくなり、申し訳なかったと思います。 しかし幸い、今年のインフルエンザの流行は少し遅いようです。 流行は1月ぐらいからなんでしょうかね? 当院ではまだ数人しか感染者はいらっしゃらないです。
昨日は、恒例の床掃除を行い、またクリニックの床はきれいになりました。 これでまた来年も患者さんを気持ちよくお迎えすることが出来ると思います。
今年も三好クリニックに来院くださいありがとうございます。 また来年もよろしくお願いいたします。



開院7年目になりました

もう11月も半ばを過ぎ、そろそろ12月、忘年会のシーズンになりましたね。
朝の日の出もだいぶ遅くなって、気温もめっきり下がり、いよいよ冬到来といったところでしょうか?
まだ当院ではインフルエンザの感染者はいらっしゃいませんが、例年12月中旬頃から拝見することが多いです。 皆様手洗いうがいなどできちんと予防してくださいね。 
我々のクリニックも6年を過ぎ、7年目になろうとしています。 本当にあっという間です。  今後とも精進いたしますので、よろしくお願いします。

診察室で血圧を下げる方法

自宅で血圧を測るとそんなに高くないのに、病院で計ると高くて困っている方いらっしゃいませんか?  「血圧計が壊れているんじゃないか」と相談を受けることもあります。 血圧は秒単位で、ちょっとしたきっかけで上下します。 これは随時血圧とでも言った方がよいでしょうか? 生活の中で血圧は高くなったり低くなったりしているのですね。 一方で我々医者が見たいのは、安静時血圧です。 これは、安静時の最もリラックスしたときの血圧です。 診察室での血圧はあまり安静時とは言えないことが多いです、あくまでも補助でしかありません。 三好クリニックでは、診察室で血圧が高い状態が続く患者さんには、自宅で血圧を測ってその記録を見せてもらう事にしています。 その血圧は自己申告ですので、「血圧の薬を飲みたくないばっかりに、血圧を低めに記載しているのでは無いか」と疑ったりする先生もいらして、医者自身が計った血圧しか信用しないというドクターもいらっしゃるでしょうね。 そういった先生は、患者さんの命を守りたいという責任感の強い良い先生なんだろうと思います。 しかし結局の所薬を飲むか飲まないかは、最後は患者さんが判断されるところなので、どんなに薬をきちんと処方しても、最終的に薬飲んでいただけなかったりする事もあるので、私はきちんと申告していただいている物と言う前提で治療しています。 また、緊張等の要素が原因で血圧が上がる場合、ある特徴的な血圧のパターンになりますし、血圧があまりに高い状態を放置していると心電図や採血のデータに変化が出てきますので、隠しておられても大体医者の方は解っていることが多いです。

ただ医者がわかっていると言っても、自宅で血圧がそれなりに良い血圧なのに、診察室では高く測定されてしまう患者さんは、なんとなく、嘘ついてるみたいな感じになってしまって、不愉快になってしまったり、病院の血圧計がおかしいのではないかと疑う患者さんもいらっしゃるでしょうね。 そこで今回はそういった患者さんのために、診察室で、いつもの安静時の血圧に近い値になる方法を少しお話してみます。

自宅での血圧の測定方法が間違っている人


飲酒後や、サウナにはいった後、運動して汗掻いた後、入浴後など、汗掻いたり、血管拡張作用のあるアルコールなどの内服で、一時的に血圧が下がることがあります。 そういった状態の血圧は残念ながら安静時の血圧とはちょっと言えないです。 そのような状態では計らない方が良いです。 

人前に出ると緊張してしまう。あがり症の方


人前に出るとすぐに緊張してしまう方いらっしゃいますね。 血圧測定時にそういう方に「リラックスしてくださいね」と申し上げても、そんなに簡単にリラックスする事なんて出来ませんよね。 自分では緊張していないつもりでも、自分の周りに人が存在するだけで、無意識に精神的な緊張がでますので、周囲に人がいる状態は、周りで人が動き回っている状態で血圧を測定すると、大概少し高めに測定されてしまいます。 診察室の中の環境がそういう場合、医者の方もある程度解っているので、あきらめた方が良いでしょう。 自宅での血圧をきちんと測定していって、ドクターに見せた方が良いと思います。 これはお手上げという事ですね。 あきらめると、気分が楽になって案外血圧が下がることもありますね(笑)。 

血圧測定時に喋ってしまったり、喋ろうと準備したりすると血圧は上がります。


血圧測定して、血圧が高いと「今歩いてきたからねですかね〜」とか、「おかしーなー、朝は低かったんだけどなー」といった、事をいろいろおっしゃる患者さんいらっしゃいますね。 実は、喋ろうと心の中で準備するだけで、少し血圧は上がります。 そして実際に喋ってしまうと、結構簡単に40~50ぐらい血圧が上昇してしまいます。 これは安静時血圧とは言えなかったりします。 なので言い訳は逆効果なので、血圧測定が終わってからされた方が良いです。 血圧計巻いている間とかに喋るのも、その後に余韻が残りますので血圧高くなります。 

活動の余韻が血圧を上げてしまいます。


歩いたり、喋ったり、していると皆さんの血圧は 160とか200ぐらい簡単に上昇してゆきます。 活動するために筋肉に血液を十分量送り出す必要があるからで、正常の反応です。 一旦上がった血圧は、体を休めると、時間経過に従って低下してきます。 大学病院で患者さんに運動負荷をかけていたときの事を思い返してみると、若い健康的な患者さんで5分ぐらい、運動不足気味で高血圧で通っておられる様な患者さんだと30分ぐらいでしょうか? そしてその落ちつくまでの時間は患者さんによって異なります。 
運動後の血圧の推移
日頃から毎日の様に運動しているアスリートの様な人だと運動停止後3分ぐらいで安静時の血圧になっていた気がします。 こういう運動を日頃からしていて、体が運動になれている方をフィットネスが高いと言います。 そのことを考えると、待合室から呼ばれて、診察室に入るという行動や、挨拶したり、お話したりする行動、あと、血圧測定のために、服を脱いだり、袖をまくり上げたりする行動自体が診察室での血圧を上げる結果につながります。  なのでこの余韻の時間を短縮するためには、日頃から運動を心がけ、フィットネスを高くしておくと良いのです。 またそれ以外にも、待合室で待っている時間帯に十分安静を保ち、診察室へ呼ばれた後も、あまり慌てて入ったりしないというのが良いですし、 診察室の中に入ってから、袖をまくり上げたり、セーターを脱いだりとか、血圧測定直前にあまり行動をしない方が安静時の血圧に近い状態になります。 本当は診察室に入って、喋らず、だらんと弛緩した状態で、30分経過してから血圧計のスタートボタンを押のが理想的ですが、それは患者さんも医者もちょっと耐えられないでしょうね。 何せ無言ですから・・。 体重が重いと、診察室への移動にも多くのエネルギーが必要となり、血圧が上がってしまうので、体重を低く保っておくというのも良いでしょう(もちろん、体重が低くなるとそれだけで安静時の血圧も下がりますけどね)。 待合室で、待ちすぎて、頭に血が上っている状態もあまり良くないですかね・・。 こういった理由もあり、私自身はやはり自宅での安静時の血圧を重視してます。

腕が太すぎたり、筋肉質過ぎて、筋肉が盛り上がっているとうまくはかれなくなることがあります。


脂肪で二の腕が太すぎたりするとうまく測定出来ないことがあります。 その場合、手首で血圧測定をすることになりますね。 実は皆さん意外に思われるかもしれませんが、二の腕の血圧の方が手首の血圧より低いです。 でも太すぎてはかれなければどうしようも無いので、手首ではからせてください。 後で示しますが、血圧計によっては、腕に巻く部分が堅くて、巻きやすい血圧計がありますが、それらは、測定部分のでこぼこに弱いです。 
堅い血圧計と柔らかい血圧計

たとえば肘が曲がっていて、力こぶが出来ていたり、鍛えていて、二の腕の背面の筋肉が盛り上がってしまう人や、十分袖がまくり上げられなくて、服などで凸凹が出来ちゃう人だとうまくはかれないことが多いです。 腕との設置面積が小さいと具体的に言うと少し高く測定されてしまいます。 自宅で測定されるとき、良ければ手首で測定していただいたり、どうしても二の腕が良ければ腕を通す形の血圧計の方が良いでしょう。 
図解、密着していた方が血圧がきちんと測れる
時々、血圧計の説明に、マンシェットを心臓と同じ位置に合わせてはかるべきだと記載されていることがありますが、動物の体は、血管の太さを自在に変えることによって、心臓より低い位置の足や、心臓より高い位置の頭などでも、血圧の値はほぼ同じにコントロールされています(例外はあります)。 なので、無理に窮屈な姿勢で血圧を測ったり、肘を曲げて筋肉に力が入っていたりすると、その分血圧も上がりますので、とにかく脱力しておくことのほうが大事だと思います。

肘は伸ばしていた方が良いです


肘が曲がっていると、力こぶが出来たり、血管との距離が遠くなり、うまく血圧が測定出来なかったり、血圧が高めに測定されたりする場合があります。 肘が伸びた状態にするために、肘の下に枕の様な物を入れると良いでしょう。 

座っている姿勢は、背もたれに体重を預けて、足を前に投げ出す様な感じのほうが良いです


勉強や仕事で集中するとき、膝から下の足を椅子の下に畳んで入れて、座席に浅く腰掛けて、背筋をピントたてて座ると、集中できます。 我々の世代だと小学校で、この姿勢をするように、指導受けました。 今は無いんでしょうねそういう指導。 背筋が曲がっていると、背中に定規を入れられたりしましたね。 もう40年も前の事ですから・・・。 足を折りたたみ、ふくらはぎの筋肉に力が入っていると、足からの静脈血液の戻りが良く、血圧が上がります。 なので、その逆をすると、血圧は安静時の血圧に近くなります。 
血圧測定時の姿勢

深呼吸はあんまり血圧を下げません


良くリラックスするために、すごくりきんで深呼吸されておられるかたいらっしゃるのですが、深呼吸しながら血圧を測ると、呼吸筋に力が入っていて血圧が逆に上がってしまうと思います。 深呼吸は、意識をリフレッシュするという意味合いでは良いですが、深呼吸自体が体の筋肉の運動になるので、やり過ぎないことですね。  一回大きくため息を吐くぐらいで丁度良いと想います。

薄い服ならば腕まくりしない方が良いです


診察していると、血圧測定しましょうかと申し上げると、シャツやセーターを脱がなくて良いように、一生懸命着ぶくれした服を持ち上げてはかろうとする人がいます。 僕自身は編み込みのセータとか、ダウンジャケット、皮の固いジャケットで無い限り脱がないで測定してもらっています。 古い血圧計だと、確かにマンシェット(腕の輪っか)の部分にマイクがついていて、それで聴診をしながら血圧を測定している機械がありましたが、今は、ほとんどが、センサーが本体側に内蔵されていて、少し服が間に入っていても、腕とマンシェット全体が接触している方がきちんと測定出来ます。 上の図の様に、腕まくりしたために肝心のところが分厚くなったり、傾いてしまったりするとうまく計れませんし、ズリあげようとする動作自体が血圧を上げてしまうので、むしろやってもらいたくないと思ってます。 またせっかくズリあげても、露出したスペースが狭すぎて、マンシェットが肘の関節などに乗っかってしまうと、うまく測定出来ないです。 もちろん、これは医者によって意見が分かれるところだと思うので、その通院されているお医者さんの指示に従った方が良いと思います。 


どうですか? 私自身は、足を前に投げ出す感じが下がるような気がします。 ふくらはぎの筋肉の緊張がとれるのが良いのかなと・・。