三好クリニック 青山・表参道

内科・循環器・高血圧・不整脈

インフルエンザワクチン接種についてのお願い

現在インフルエンザワクチンの入荷が滞っており十分量のワクチンをご用意出来ておりません。 現時点でお約束させていただいた患者様分のワクチンは確保しております。 しかし現時点では、ご予約なしの患者様のワクチン接種をお断りしておりまして、この状況は11月いっぱい続く見込みです。 
申し訳ありませんが、ワクチン接種ご希望の患者様は、他の医療機関で探されるか、12月以降にしていただけますと幸いです。 よろしくお願い致します。

台風の爪痕

IMG_0454
9月の台風すごかったですね。 皆様のお家は大丈夫でしたか?  クリニックのほうは直接被害はありませんでしたが、クリニック前の街路樹が2本ほど根元から傾いてしまって、その後幹の途中でバッサリ切られてしまってました・・。 確かに道路側に倒れたら危険ですしね。 その後クリニックの前にあった傾いてない街路樹もバッサリ切られてしまい。 処置室からの見晴らしが良くなりましたが、気分的には少し寂しい気がしてます。 この街路樹このクリニックの内装開始時に植えられたものだったので、こちらで勝手にシンパシーを感じていたのでした。 ただクリニック内の植栽は日当たりが良くなってうれしく思っているかもしれませんね。 ちょうど隣のAoビルが変な形をしているので、ここのクリニックの前の通りは妙に風が強いんですよね。 皆様もクリニックに入る前に少し以前と違うなーって思われるかもしれませんね。
台風も過ぎ、めっきり秋らしくなってきました。 これからどんどん日が短くなり、気温も下がって、風邪などが流行する時期ですね。 皆様ご注意くださいね。

迷医と名医の違いは紙一重

刑事コロンボ、エルキュール・ポアロ、金田一、ドラマなどに出てくる名探偵は、突然突飛な事を言い出して、それが事件解決につながったりすることありますね。そういう誰も考えつかない様な事を思いついて、それを実行する。 それはエンターティンメントの世界では観客を魅了する重要な要素ですね。 この探偵が言うのだから何かあるんじゃないかって思ってドラマ見ますよね。 医者の仕事は病気を状況や検査から推理して治療してゆく、ちょっとそういう意味では推理小説と似ているのかもしれませんが、医者は決して突飛な事をしているわけではありません。 そこは、エンターティンメントの世界の探偵とは異なりますね。
ただ、医者の世界では当然の行為も、患者さんにとっては突飛に写ったりすることがあると思います。 昔のドリフターズのコントで、加藤茶さんと志村けんさんが、医者と患者のコントをしているのを何かの再放送で最近見たことありましたが、それは、志村けんさんがドクターで加藤茶さんが患者さんのコントで、加藤茶さんが風邪っぽい症状(喉が痛いとかそういったことだったと思うのですが)で受診すると、志村先生が「うーん、じゃあ浣腸しましょう」って大きな注射器を出すというのを、繰り返すと言うコントでした。 もちろんそのやりとりは面白く、楽しいコントでした。 これは、まあ極端な例ですが、患者さんにとって予想外の検査やデーターを提示されると、患者さんにとって、「それ本当に必要なの?」 って思う事ありますよね。 そのとき我々医者はその検査がどういう目的で行われ、治療にどう必要なのかをきちんと説明する必要があります。 志村けん先生も、いや浣腸が必要な理由をしっかり説明できてたら、加藤茶の患者さんも納得いったかもしれませんが、もちろん風邪の患者さんに治療目的で浣腸をする必要はありませんね(笑)。
ただ見かたが違うと言うだけで、名探偵も迷医者も実は紙一重だって事なんですよね。 何が違うかっていうと、これが名探偵ドラマかコントかって違いだけで、観客が何を期待しているかの違いだけなんですね・・。 ただきちんとした診療には、必ず誰もが理解できるような理由があります。 少し突飛だなと思ったらきちんとお医者さんに聞いてみると良いでしょうね。 そうすると普通はきちんと順序立てて説明してくれるはずですので。 

床掃除しました

暑いですね、もう8月ですし仕方ないですけれども・・。 今日から三好クリニックは夏休みです。 15日までお休みしています。 16日からまた業務を再開致します。 今日は恒例の床掃除でした。 今回はワックスちゃんと用意していたので、2回キッチリワックスがけ出来ました。 ついこの前ワックスかけた気がするんですけれど、こうやってあっという間に年末になっちゃうんでしょうね。 月日の経つのは早いです。

日本不整脈心電学会に参加してきました。

2018-07-14 09.55.32
7月ももう半ばすぎ、すでに夏真っ盛りといった感じですね。 先週末、不整脈の大きな学会が東京フォーラムで開催されて、私はそれに参加してきました。 私が大学をやめてから7年経過しています。 やはり時々きちんと勉強しないと、いつまでも時代遅れの診療と続けていてもまずいですので。
今回も診療の合間の参加になりますので、全日程参加することはできませんでした。 日常の診療で疑問に思っている分野の演題に参加してきました。 今回参加したセッションは、「失神」についてのセッションでした。 失神あるいは、意識が遠のく感じがする、といった症状で私のクリニックにいらっしゃる患者さんもいらっしゃいます。 失神の診断、実は結構難しく、何時も決まった条件で起こる訳ではないので、ほとんどはきちんとした確定診断は出来ず。その症状のあった状況をお聞きして、その病態を推測することになります。 うまくいけば、失神につながる心電図が取れたりする場合もありますが、その失神の原因が心臓かどうか確実に診断するためには、失神した際に心電図を取る以外方法がないのですね。 一ヶ月に一回ぐらい、4年に一回ぐらいといった頻度の場合、その確定診断は結構難しいですね。 しかし、だいたいの状況が分かると、対処のしかたもあるのも本当で、なのでよろしければ専門の医師に御相談いただけましたら幸いです。
今回私が参加したセッションでは、ヘッドアップチルトテストという、結構大掛かりな検査の意味合いについて、よく整理されていて、大変勉強になりました。 私が大学にいた頃は、再現性が少なくあまり決め手にかける斜陽の検査だな、という印象でしたが、失神患者さんのその後の予後を知るために、結構大事な検査なんだなと、少し考えを改めたところです。 あと新しい検査機器の紹介があり、今度こちらのクリニックでも導入できないか、少し検討してみようと思っています。
では暑さに負けずにこの夏を無事乗り切れることを祈っております。