三好クリニック 青山・表参道

内科・循環器・高血圧・不整脈

人の寿命

久しぶりの原稿ですね。 随分サボっていたみたいです。 医者の生活をしていると、人の生き死にを間近で見る事になります。 なので人の寿命について考える機会はとても多いです。 患者さんと寿命の話になると「80歳ぐらいまで生きられれば良い」「90までは生きたくない」と言う方が多いです。 今の日本の平均寿命が80歳前後だからでしょうか? 今自分たちのまわりにいる高齢者の年齢を見てそのようにおっしゃられるのかもしれません。 長生きすると近しい人が先に死んでしまって、孤独になってしまうからかもしれませんね。 
でも私は考えてしまうのです。もしも人間が200歳や300歳まで生きられるとしたら、皆さん同じように思うのでしょうか? 80歳になって病気で死にかけているときに、まわりの人達は90歳や100歳になっても、普通に若々しく生活していたら、悔しいんじゃないでしょうか? そうやって考え直してみると、現時点での常識で人間の寿命を考えて、80ぐらいという寿命を想像しているのだと思います。
そして良く現場で遭遇するのは、それまで「80歳ぐらいで死にたい」とおっしゃられていた患者さんが、80歳になったときに、今死にたいですかと聞くと「それは今じゃない」とおっしゃる事が多いです。 死という物は避けられない物でいつかは来る物だけど、それは今じゃないというのが患者さんの本音なのでしょうね。 ちょっと厳しい言い方をすると、未来への想像力不足なのだと思います。

20
世紀の初頭に、抗生物質や感染症の治療が可能となり、人類の寿命は極端に長くなったと言われています。 こういった治療は当時大発見だったのでしょうね。 しかしその寿命が長くなったことが誰もが実感するのは、その発見のしばらくしてからになります。 実は、抗生物質の発見の後に、20世紀の後半に人類はとても重大な3つの治療薬の開発に成功しています。 高血圧治療・高コレステロール治療・そして血栓塞栓の治療です。 1970年代に入るまで、そういった治療薬は今では考えられないぐらい粗悪で、とても治療目標を達成出来ない物でした。 それに治療目標の科学的データーもなく、極めて非科学的な根拠で決められていました。その目標までコントロール出来るほどの良い薬が無かったこともその理由の一つだったでしょう。 高コレステロール治療も実用的な薬が出るのが2000年直前、抗血栓塞栓も2010年頃になってからです。 こういった治療が出来る様になって、医者の目から見ても、それ以前とそれ以後で患者さんの見た目年齢は大分若くなった気がします。 そしておそらくその結果を寿命として我々が実感するのは、おそらく40-50年後ぐらいになるのではないかと思います。 そういった治療法の恩恵は遅れてやってくるのです。 
おそらく今行われている標準的な治療が正しく5060台の患者さんに行われるようになると、ほとんどの患者さんは、癌や遺伝子の病気で無い限り100まで生きるだろうと言われています。3040年後には今の寿命の常識は全く変わっているでしょう。 しかし、医療の現場を見ていない患者さんにはなかなか実感出来ない事なのだと思います。 我々医者はその患者さんの想像力を補う形で、10年後20年後の患者さんの代弁者として、皆さんに治療のお話をしています。 是非医者の声を、未来からの自分の声だと思って耳を傾けてみて下さい。 現在みなさまと同年台の人達は80歳になっても今想像するよりずっと若々しく活動していると思います。現時点での常識で80歳で人生諦める必要は無いでしょう。 繰り返しになりますがそれには医者が勧める標準的な治療法を守っていなければ、今の医療水準の恩恵を受けることは出来ないです。 

2019年を振り返って

皆さん今年一年はどんな年でしたか? 私にとってはあっという間に終わってしまった様な気がしてます。 大学病院に居るときは、学会や、若いドクターの研究の手伝いなどで、毎日毎日違った事がらをやってましたが、開業してからは、言い方は悪いけれど単調で毎日が診察で変化が無いので、一週間が過ぎるのが本当に早い気がします。 しかし慶應に居た頃に比べて、一週間に拝見している患者さんの数は圧倒的に多いんですよね。 ほんのちょっと前に2019年が始まった気がしていたのに、もう年末なんですね。 年賀状を書いていて、去年来た喪中の葉書の方の名前をみて、「あれ、今年喪中じゃ無かったっけって」思ったりしてちょっとショックを受けました、あまりに早く過ぎ去るので、去年の記憶が強烈に残っている様です・・。
今日、三好クリニックは恒例の床掃除を行いました。 夏の掃除の時にワックスが残り少なくて、ちょっとワックス薄かったんですが、今回はちゃんと買い足して無事終了しました。少し体には堪えますが、なんとなくいつも見ているクリニックじゃ無い姿が見れて不思議と楽しいものなんですよね。 ワックスにかぶれるのがちょっと難点なんですけど・・。
今年あまりハッピーじゃ無かった人も、とてもハッピーだった人も、また来年良いことがありますように。 少し早いですが、よいお年をお迎えください。 あと数日2019年はありますが、風邪など引かないようにご注意くださいね。

冬期休暇のお知らせ

三好クリニックは8月9日(火曜日)〜8月15日(月曜日)までの1週間、夏季休暇をいただきます。
三好クリニックは12月28日(土曜日)〜2020年1月3日(金曜日)までの1週間、冬期休暇をいただきます。 申し訳ありませんが、この期間の診察は行っておりませんので悪しからず。 
1月4日土曜日から通常通り診療を行っております。 

AEDって知ってますか?

AED
皆さんAEDって知ってますか? 駅やコンビニとか、空港とか公共施設には結構置いてありますよね。 私たちのクリニックにも1台置いてあります。 心室細動の救急治療に使う器具なんです。 心室細動は心臓のメインポンプに当たる部分が痙攣して心臓がほとんど動かない状態になってしまう病気の治療に使います。 路上や公共の施設で、突然人が倒れたら、このAEDを探して、患者さんに電極を貼って、後は自動で診断をしてくれるので、治療してくれる良く出来た機械なんですよ。
こんな小さなクリニックに本当に必要かどうか、開業のときにちょっとだけ悩みましたが、そのとき私が懇意にしていたベンチャー企業の方達が寄付してくださいまして。迷わずそれを購入致しました。 これまで7年間倉庫に鎮座してピクリとも動かなかったのですが、先日患者さんが受付で倒れて意識無くなりまして、初めて出番がありました。 治療がされてすぐに患者さん意識がもどって、救急隊が来たときには、もう普通に受け答え出来る状態でした。 AEDが無かったらと考えるとぞっとしますね。
先日そのときの患者さんが、挨拶に来て下さって、元気そうでうれしかったです。 ちょっとしたタイミングとか、路上であれになっていたら、無くなられていたかもしれないと思うとぞっとします。 我々も、しばらくこういった荒事からご無沙汰していたので、大学病院にいた頃を思い出す良い機会になりました。 今回のベストプレイヤーはやっぱりAED先生だったと思いますし、それを寄付して下さった私の知人に感謝しております。

インフルエンザワクチン残量あとわずか

インフルエンザ、メディアでは大流行の様に扱われているようですが、私の印象では例年通りの様な気が致します。 うちにはあまり来ないだけなのかも知れませんけれども・・。
さて、ワクチンですが、私どものクリニックに割り当てられている残量はあとわずかとなりました。これが無くなりましたら、再入荷の予定はありませんので、今期終了となります。 申し訳ありませんが、来院の際には残量をご確認頂いた方がよろしいかと思います。 よろしくお願いします。