2022年の年末のあいさつ

2022-12-12 19.09.59
本日私はクリニックの大掃除を終えて、2022年の三好クリニックの業務はこれで終了となります。 皆様は2022年はどのような年でしたか?  私はこの3年ほどコロナの影響などもあって起伏がなく2年や3年も前の事を今年の様に記憶違いしたりする事があって、ちょっと自分でもびっくりしています。 
そうかと思うと、いろいろな患者様との出会いもありました。 逆に開院当初から通院してこられた大事な患者様との別れもありました。 コロナが流行る前なら普通に大きな病院にお送りしてベストなタイミングで手術になる様なケースでも、コロナで病棟が逼迫というか、おそらく多くの感染予防のための手順を踏みすぎて時間が掛かってしまい、手術になる前に亡くなってしまわれた患者さんもおられました。 コロナ感染症にあまりにも過敏になりすぎて、救急車もそうですが今までと同じ感覚で対応出来なくなっているのだなと、改めて感じた1年でした。 患者様にはまだそれほど重症ではないのに早めに慶應や大病院に紹介する事になってしまったりして、ご不自由おかけすることになるとは思いますが、これから数年の間はこの状況が続くと思いますので、そのように対応させてください。

来年が皆様にとって良い年でありますように祈っております。 ささやかですが表参道のライトアップされた夜景を御紹介して今年を終えたいと思います。 今年も通院頂き誠に有難うございました。  
2022-12-12 19.09.40

冬期休暇のお知らせ

2022-11-25 06.30.56
先日大きな病院へ救急搬送が必要な患者様がおられて、クリニックから救急要請したのですが、まず119番が掛かりにくかった事と、都内で救急車が出払っていてコールから到着に15分かかってました。 理由を詮索するのは私の領分を越えてますので、コメントしませんが、まず5-6分電話が掛かるのに電話数回掛けたのですが、少し異常事態ですね。 今まで流石に年末と言えども119に電話かけ直したことは無かったです。 救急隊の対応に全く問題は無いですが、需要と供給のバランスが狂っているんでしょうね。

三好クリニックは本日が年末の最終日で、業務の再開は来年14日水曜日からとなります。 申し訳ありませんが、ご理解頂けましたら幸いです。

夏期休暇のお知らせ

暑い日が続きますね。 三好クリニックは8月9日から1週間夏期休暇に入ります。11日が祝日なのと13日土曜日が第2土曜日でもともとお休みでしたから実質4日のお休みとなります。 お休みの方もそうで無い方もどうか暑さに負けず頑張ってください。  クリニックの業務再開は8月16日火曜日からとなります。 1週間休んでしまうと、どうも感覚が鈍ってしまって、出だしがいつもあたふたしてしまうのですが・・・。 

今日9日は恒例のクリニックの床掃除とワックスがけを行ってきました。 ワックスでかぶれたり頭痛がしたりするので軽く窓開けてワックスかけるんですが、ほんと熱かったです。 冷房が無いとああいう肉体労働は難しいですね。 

表参道は今日も晴れていて、結構人出も多かったです。 若い人達は元気でいいですね。 コロナの感染症は確かに感染者の人数は多いですが、重症化の率はかなり低く、アルファ株やデルタ株とは明らかに様相がことなりますので、ワクチンさえ打っておられたらあまり過度に慎重にならず、社会活動された方が良いような気がします。 運動不足や体調不良なのに受診控えされたりして足腰が弱って通常の社会活動が出来なくなってきたり、体重増加して生活習慣病が悪化したり、健診未受診期間が2年3年と増えるにつれて、癌などの見落としなどで適切な医療を受けられなくなるのでは国民の健康を保全すると言う意味から言うと「木を見て森を見ず」、大事な大局を見失う事になります。

まあ今はこの暑さが速く和らいでくれる事を祈っております。 

ゴールデンウイークですね〜

2022-04-29 06.32.05
もうゴールデンウイークですね。 あっという間に春も過ぎ去ってしまいました。 
今日は昭和の日、私は恒例の床のワックスがけのために休日出勤です。 表参道は新型コロナの影響をほとんど脱し、最近では結構韓国や中国の方も目立ちはじめてますね。 以前の賑わいが戻ってきているようです。 でもまあ祝日の朝7時頃というとまあこんなもんですね。 人もまばらでゆったりしてます。 今日は日差しも弱く気温も爽やかで表参道の並木の新緑がとても綺麗に映えてます。 
三好クリニックは暦通りの休院となります。 4月30日土曜、5月2日月曜、5月6日金曜、5月7日土曜は通常通り開院しております。 今年は本当に日曜日との接続が悪くて、連続の休みは3日間だけですので、ワックスがけも連休ではなく単独の祝日に敢行しました。 明日の筋肉痛がちょっと怖いですな・・。 

ハートビート1

GUM06_CL21003
あっという間に2月も終わりもう3月ですね。 夜が明けるのも大分早くなってきました。

今回は皆さんの心拍について何回かに分けてお話してみたいと思います。 

皆さんの心拍のリズムってどうやって決まっているか知ってますか? 私は生物物理学(生理学と言いますね)の研究や学生を教える仕事をしていたので、物理的なメカニズムについてもお話する事も出来るのですが、今回はできるだけそういう堅苦しいお話は無しで行ってみようと思います。 あと医学の専門家ではない患者さんに理解していただけるように、わざと正確では無い表現で大筋を理解しやすいように書いてみたいです。

人間の心拍数は興奮したり集中したりすると早くなり、リラックスすると遅くなります。 これはみなさん実感されているのではないでしょうかね。 心臓の収縮一回で動く血液の量は心臓の大きさで決まっていますので、回数が増えると動く血液の早さが早くなり、それに合わせて脳や筋肉に回る酸素や栄養素の量も増えます。 そうやって心拍数を調整して必要な物資を必要な時だけに送る様にしています。 つまり心拍数はその時の活動量に比例して上がったり下がったりするので、どのぐらいの心拍数が正常なのかなかなか言い表すことができません。 ですので身体活動をしていないときの安静時の心拍数をお医者はざっくりと心拍数と呼ぶことが多いです。 

時々患者さんとお話していると心拍数は毎分60回でないといけないんじゃないかと信じておられる方もおられるようですが、正常の安静時の心拍数は別に60回である必要はないです。 一人一人それぞれに必要な心拍数というのがあって、安静時の心拍数が40台の人もいれば90ぐらいの方もいらっしゃいます。 特にそれで心臓や血管に負担がかかっていなければそのぐらいの心拍数でも特に大きな問題はありません。 しかし30台前半であったり、100を越えているような場合は何らかの理由がある事が多いです。

次回につづく
三好クリニック(内科)
〜青山・表参道〜