三好クリニック 青山・表参道

内科・循環器・高血圧・不整脈

仕事納め

三好クリニックは、昨日で仕事納めでした。 これから来年1月3日まで年末年始休暇に入ります。  皆さんにとって今年一年はどんな年だったでしょうか?  三好クリニックは比較的落ち着いた一年でした。 患者さんの中には、色々な重い病気にかかられた患者さんや、出会いと別れを繰り返し、患者さんの総数は去年より少しだけ増え、その結果、少し予約が取りにくくなっていたかもしれませんね。 1週間ぐらい前なら開いている予約も、前日や当日になると、ほとんど埋まってしまって、仕方なく、待合室でキャンセル待ちで待機していただくことが多かったかもしれません。 できれば少し余裕を持って予約を取っていただけるとありがたいと思います。 どうしても、待合室が混み合うと、私自身の落ち着きがなくなり、そのぶん予約を取ってくださった患者さんの診察に影響が出てくるような気もします。 自分ではちゃんとで平常心で診察できている気持ちでいても、実際にはそうでない事も多いと思います。

本日は、恒例のクリニックの床掃除をしました。 床を磨いて、ワックスを掛けるという仕事なのですが、今回は2つほど工夫してみました。 一つは膝当てを買いました。 毎回床の3分の2ぐらいクレンジングする頃に、膝が痛くなり、膝をつけなくなるので、今年はアイスホッケーとかで使うような膝あて防具を買いました。 Made in Chaina でした。 これは意外に良くて、最後まで、膝をついて作業できたので、体勢的にだいぶ楽でした。  あと雑巾を今年は手ぬぐいサイズのタオルを四つ折りにして、糸で縫って使ったのですが(いつも糸を通さずにやっていたのですが)、これは結構絞りやすいし拭きやすい・・。 小学校の頃、裁縫の実習でやった「なみ縫い」と言うやつですね。 老眼で針に糸を通すのが大変だったのと、糸が黒い糸を使ったので、縫い目が結構目立って、 なみ縫いの間隔が一定でないのでなんだかとてもかっこ悪い雑巾になってしまってますが、ああやって縫うだけで、本当に雑巾がけがだいぶ楽になるのですね・・。 知りませんでした。 実習だけでなく、掃除用に各ご家庭で一枚、作ってきてもらって床掃除していた覚えがあります。 母親に頼んで、毎年作ってもらったことを思い出しました。 自分でやるととても不格好になってしまって・・。 ああいうのも、きっちり作ってくれた母親に感謝です。  この床掃除もおそらくあと15年もすると体が動かなくなって、業者等に頼むことになるのだろうなと思います。 60歳ぐらいになると流石に体が辛いかもと思う今日このごろです。
正月のしめ飾りをつけて、植裁に水を入れて、今日は帰宅します。 
今年一年、三好クリニックに通院してくださった患者さんに感謝を申し上げて、年末の挨拶としたいと思います。
良いお年を!