三好クリニック 青山・表参道

内科・循環器・高血圧・不整脈

医療資材不足

緊急事態宣言が出てから、新規コロナ感染患者さんの数もすこし下降傾向ですね。 あと3週間ぐらいでもう少し下がってくれると良いですね。 2009年にブタ型のインフルエンザの感染が問題となった時期がありましたが、当時も大学病院に供給されるマスクが足りなくて大変でした。 紫外線に当てて使い回せとか・・、N95マスクとかほとんど病院内でも実物を見たこともないマスクの着用を義務づけたりとか、とても理不尽な指示が飛び交っていた事を記憶してます。
今回のマスク不足騒ぎや、感染症治療用の機材不足は、安価な消耗品の多くを中国に頼りすぎていた実情を実感させられました。 それだけではなく、今回2009年の資材不足の経験が全く活されてなかったことがとても残念です。 平時に必要な医療資材を備蓄しておいたり、有事の際に即座に物流を統制するシステムをあらかじめ作っていなかった事は痛恨です。 初動さえきちんと出来ていたら今回の様な混乱は無かったのではないかと思えます。 そういった2009年当時の政治批判はさておいて、2020年の政治家にはその点期待しています。 
最近ニュースで南京のコロナ対策がとても素早かったと、現地の日本人のレポートを読みました。 (https://creators.yahoo.co.jp/takeuchiryo/0200060330) 南京は過去のSARSによる打撃の教訓をきちんと活かしたのでしょうね。鉄は熱いうちに打てといいますので、今回こそは日本もこの経験を今後に活かしてもらいたいなと思います。