三好クリニック 青山・表参道

内科・循環器・高血圧・不整脈

きっとみんな一緒なんです

中学校の頃の同級生に、スポーツ万能で勉強もすごくよくできたやつがいました。 試験で高得点をとっても、「勉強なんてしてないよ、こんなの勉強なんてしなくても当然とれるでしょう」みたいな感じの事を話していて、あんな人間がいるんだなー、そして絶対にこいつにはかなわないなーなんて思って、自分ではそういう努力をあきらめてしまうような、そういう同級生って皆さんのクラスにも一人か二人いらっしゃいましたよね。 

上京してから会うことも無かったのですが、結婚式の時に久しぶりに会って、同級生みんなで、彼に質問したことがありました。 みんな同じ思いだったんでしょうね・・。 「本当に勉強してなかったのかって?」 そしたら、「当然してたよ、しなきゃ試験の点数なんてとれないよ。 無茶苦茶努力してたよ」みたいに言われて、だまされたとかよりも、愕然としたことを覚えています。 そして同時に、軽々やっている様に見える人も、みんな隠れて努力していたんだなという納得と、その時なんであきらめちゃったんだろうって後悔とかが一緒にやってきました。そしてこういう事って、大人になっても気づかないだけであるんだろうなって思います。

周りの人たちは、贅沢な生活や、食事をしていたり、特に努力したようにも見えないのに元気そうで病気なんかしてないみたいな様に見えますよね。 でもみんな、口に出していわないだけで、それなりに苦労しているんだろうなって思うわけです。 なぜ自分だけ薬を飲まなくちゃいけないのか、 皆なんであんなに、いっぱい食べてるのに太らないのか、なんで自分だけ同じように食べてるのに血圧が高かったり、糖尿になったりするのかって思いますよね。 だけど、実はみんな努力しているんじゃ無いかなって最近思います。 だた口に出さないだけで・・。 かつての同級生の様に・・。  でもそれはその場ではわからないものなんだろうなとも思います。 自分でもそうでしたから・・。 おそらくあのとき勉強やスポーツをあきらめた自分は、あいつは特別なんだと理由をつけて、本当は少しでも楽をしたいという自分の気持ちから目を背けてきただけなんだろうなと思います。 

65歳を超えるようになると、半分以上の方は、体になんらかの問題を抱えているはずです。生活習慣病の治療とても大変ですよね、薬飲むのも好きな人はいないはずです。 でも、きっと頑張っているのはあなた一人では無いはずです。 めげないで頑張ってくださいね。 もしかしたらそのお薬少し頑張るだけで減らせるようになるかもしれないのですから。